アラフィフ主婦、社労士を目指す

アラフィフ現役受験生が綴る社労士受験日記

休日労働には…

いつもご覧いただきありがとうございます。

 このブログは2022年の社労士試験に向けての記録になります。

 

今日も一問を丁寧に解いていきます。

今日の問題

労働基準法から

当該事業場における通常予見する事のできない業務量の大幅な増加等に伴い臨時的に限度時間を超えて労働させる必要がある場合に係る特別の条項を36協定に設けていない場合には、1か月において法定休日に労働させる時間の合計が45時間を超えてはならない。

 

昨日の記事にも書いたのですが、よく似た論点ですね。

 

 

main.yumepolly.com

 

ここで質問です。特別条項って何を突破するためでしたっけ?

そうです。限度時間です。

限度時間は時間外労働を積み上げた時間であって、休日労働は関係がありませんでした。

 

問題文に書いてある法定休日に労働させる時間と限度時間は関係がない。

休日労働日数のしばりしかないという事を思い出したいところですよね。

 

この問題は、休日は日数のしばりしかないのに、まるで時間外に関係があるかのように書いてあるから×です。

 

答え

×

今日のひとこと

小さな火は早く消すことが出来るが、放っておくと、川でさえも消す事が出来なくなる

 

 

社労士試験まであと234

 

 

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村