アラフィフ主婦、社労士を目指す

アラフィフ現役受験生が綴る社労士受験日記

対比すると分かりやすい

いつもご覧いただきありがとうございます。

 このブログは2022年の社労士試験に向けての記録になります。

 

年が明けてからもう4日経ちましたね。

今日から仕事です…

 

今日も一問を丁寧に解いていきます。

今日の問題

健康保険法から

健康保険法は、労働者またはその被扶養者の業務災害以外の疾病、負傷若しくは死亡または出産に関して保険給付を行い、もって国民の生活の安定福祉の向上に寄与することを目的とする

 

健康保険法からの問題です。

どこかで似たような条文なかったですか??

 

思い出してみて下さい。

雇用保険の制度を思い出せましたでしょうか?

 

雇用保険は、

 

①労働者が失業した場合及び労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に必用な給付を行うほか

 

②労働者が自ら職業に関する教育訓練を受けた場合

 

及び

 

③労働者が子を養育するための休業をした場合

 

必用な給付を行うことにより

 

(1)労働者の生活および雇用の安定を図るとともに

(2)求職活動を容易にする等その就職を促進

 

あわせて

 

④労働者の職業の安定に資する為、失業の予防雇用状態の是正及び雇用機会の増大、労働者の能力の開発及び向上その他労働者の福祉の増進を図る事

 

を目的とします。

 

今日の問題はテキストそのままに載っている条文でしたが、ここでも知識として得る事はできます。

 

事故に応じた適用の区分

①業務災害➡労災保険

②業務災害以外➡健康保険

③通勤災害➡労災保険が未使用なら健康保険から健康給付

 

業務災害と認定されていない時ってどうするの?

業務上の疾病として労働基準監督署に認定を申請中の未決定期間は一応業務上の取り扱いをし、最終的に業務上の傷病でないと認定された時に健康保険による業務外(業務災害以外)と認定された場合には、遡って療養費、傷病手当金等の給付が行われます。

 

まずは労災保険を優先にして、労災保険が使えなかったら、健康保険を使って下さいね。という事になります。

 

気持ちを切り替えて勉強していきましょうね!

 

 

答え

 

今日のひとこと

外側のものごとの具合が悪くなると、内側のものごともそれに従って同じような具合になってしまうようだ

 

 

社労士試験まであと236

 

 

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村