アラフィフ主婦、社労士を目指す

アラフィフ現役受験生が綴る社労士受験日記

たまにはご褒美を

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 このブログは2022年の社労士試験に向けての記録になります。

 

昨日は過去問題の取り組み方について書きました。

 

main.yumepolly.com

 

過去問題を解くまでの勉強の方法も記しておきます。

 

現在の過去問題集は労基法と労安法の2つですが、他の科目の勉強はテキスト精読とその内容を理解しているかのチェックテストです。

 

日々の学習の効果測定を怠らない様にしています。

 

時間がある時はまとめて勉強していますが、時間が取れない時は、隙間時間を利用し、勉強しています。特に娘の送迎の待ち時間等は講義を聴いています。

 

勉強は少しでも、毎日続ける事が大切だと思っています。

 

気を抜くとすぐに楽な方へ進んでしまうので、その都度やり方が間違っていないか修正しながら進めているつもりです。

 

先日娘のリクエストでスターバックスへ。

甘い物を購入しました(#^.^#)jたまにはご褒美も必要です♡

f:id:yu_me_po-lly:20211212140509j:plain

 

今日も一問を丁寧に解いていきます。

今日の問題

常時80人の労働者を使用する建設業の事業場においては安全管理者を選任しなければならないが、安全管理者は少なくとも毎週1回作業上等を巡視しなければならない。

答え

×

解説

安全管理者の作業上等の巡視義務ですが、その頻度や回数については定められていません。

安全管理者の職務内容

①事業者は総括安全衛生管理者が統括管理する業務のうち、安全に係る記述的事項を管理させなければなりません。

安全に関する技術的事項とは?

必ずしも安全に関する専門技術的事項に限る趣旨ではなく、総括安全衛生管理者が統括管理すべき業務のうち安全に関する具体的事項をいいます。

②安全管理者は、作業場等を巡視し、設備、作業方法等に危険のおそれのあるときは、直ちに、その危険を防止するため必要な措置を講じなければなりません。

巡視回収や頻度

作業上等の巡視回数やその頻度などについては、特段の規定は設けられていません

事業者による権限の付与

事業者は、安全管理者に対し、安全に関する措置をなし得る権限を与えなければなりません。

 

今日のひとこと

強力な理由は力強い行動を生む

 

社労士試験まであと255

 

 

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村