アラフィフ主婦、社労士を目指す

アラフィフ現役受験生が綴る社労士受験日記

モチベーションを保つ秘訣

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 このブログは2022年の社労士試験に向けての記録になります。

 

社労士の勉強をしようと思った時、様々な障害が出てきます。

私の場合は仕事や家事そして送迎です。試験対策として、家事や送迎の隙間時間に講義を流して聞いています。

有難いことに、家事や送迎は夫の協力がかなりあります。

 

娘も受験勉強に励んでいるのでモチベーションアップとなっています。

 

先日嬉しい言及がありました。

www.kakkoii-kosodate.info

毎日勉強出来ているのは家族の協力、志田さんや読者の皆様の励ましがあるからだと感謝しています。

 

目標を立て、それに向かって行動を起こし、それを続ける心の力。具体的には

①ある目標を立てやってみたいという動機を形成して、やる気になり

②目標を達成するための具体的な行動を決め

③その行動を継続的に行う。

 

モチベーションを保てるのは、応援や協力があるからなんです。

本当にありがとうございます。

 

 

今日勉強したこと

3章 給付基礎日額:保険給付の額の算定の基礎となるものは?

3章では労働者が仕事をしている最中にケガや病気になった場合、事業主の負担を緩和するとともに、労働者に対する公正な保護をするための制度について勉強しています。

ここでは労基法で学んだ平均賃金が元になってきます。

平均賃金が分かっていないと、3章の勉強が分かりにくいという事になります。

ここで平均賃金についておさらいしておきます。

平均賃金

賃金は労働者が働いた分の対償です。労働者が実際に労働していれば、賃金の計算は簡単に計算ができます。しかし、ときには、労働者が行った過去の労働分の賃金額を基準にして、労働者に対して支払う金額の計算をしなければならないことがあります。その際に用いられる基準が平均賃金です。

平均賃金はどんな時に使われるか?

イムリーだとコロナ禍で事業主が労働者に対して支払う休業手当。他にも解雇予告手当や災害補償などがあります。

平均賃金の算定方法(原則)

平均賃金は平均賃金を算定すべき事由の発生した以前3か月間にその労働者に対して支払われた賃金の総額をその期間の総日数で除した金額です。

ここで気をつけたいのが、労働日数で割らない事です。労働日数も含めた当該3か月の歴日数で割るという事が大切です。

労災保険の給付基礎日額

3章で学ぶ給付基礎日額も平均賃金に相当する額です。

算定事由発生の日以前3か月間に支払われた賃金の総額をその当該3か月間の総日数で除します。

 

平均賃金がとても大切であるという事が分かります。

 

感想

勉強し試験を受けるのは私自身ですが、家族や応援して下さってる方々がいると思うと自然とやる気が沸いてきます。

「ありがとう」の感謝の気持ちを持って勉強しています。

返事を返せない時もあり心苦しいですが、試験が終わればコメントするのを楽しみにしています。時々こちらのブログでもご紹介出来ればと思っています。

 

難しい事を分かりやすく説明が出来るように、相談して良かったと思って貰える社労士FPになれるよう頑張ります。

 

今日のひとこと

立って歩け。前へ進め。あなたには立派な足がついているじゃないか。

社労士試験まであと345日。

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村